現在のお知らせ

園芸施設共済加入者の声を更新しました! ( 2021/11/12 )

 園芸施設共済に加入された農業者の声を紹介します。

 加入者の声はこちらから

農作物共済・畑作物共済で保険金の仮渡しを実施しました ( 2021/11/08 )

 北海道NOSAIでは、2020年産と2021年産農作物・畑作物共済の保険金約4千万円を、9月29日および10月28日に支払いました。
 各NOSAIでは翌日までに約1億1千万円の共済金を組合員の皆さまにお支払いしました。被害に遭われた組合員の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

 道内のNOSAIでは、早期の共済金支払いに努めています。共済金の支払いが迅速かつ円滑に進められるよう、今後もNOSAI団体へのご協力とご理解をよろしくお願いします。

仮渡実績

収入保険制度のパンフレットを更新しました ( 2021/10/25 )

収入保険制度のパンフレット【全体説明用】を更新しました。

詳しくはこちらから

2022年度採用業務職員(第二新卒・社会人経験者)の募集について ( 2021/10/20 )

 2022年度採用の業務職員(第二新卒・社会人経験者)を募集しています。
 詳しくは業務職員採用情報をご覧ください。

 業務職員採用情報はこちらから

令和3年産(令和4年産) 農作物・果樹・畑作物共済引受実績まとまる ( 2021/10/20 )

 令和3年産農作物共済、果樹共済(ぶどうは令和4年産)、畑作物共済の引受とりまとめが完了しました。3事業の引受実績は下表のとおりで合計30,288戸(延)、面積336,274haの加入になりました。
 ご加入いただきありがとうございました。

テレワーク等の実施状況公表について ( 2021/11/15 )

 令和3年5月7日に改訂された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を踏まえ、経済産業省では関係団体に対し、在宅勤務(テレワーク)の活用等による出勤者数の7割削減の実施状況を各事業者が自ら積極的に公表し、取組を促進するよう要請するとともに、公表された情報の幅広い周知について、関連する事業者と連携して取り組むこととしています。
 本会としても5月16日分より削減率を公表することとし、また、テレワーク等推進のための取組も合わせて公表いたします。

(1)定量的な取組内容

                 
算定の対象とする
職員の範囲
目標値
 
実績及び対象期間
 
 
時差出勤・休暇等を
含む実績
 
全職員 70%10月3日~10月9日 24.8%68.3%
10月10日~10月16日 21.1%64.1%
10月17日~10月23日 20.8%65.9%
10月24日~10月30日 20.4%63.0%
(2)具体的な取組
 【テレワーク推進に向けた具体的な取組・工夫】
  ①個人でPCを所有していない場合、本会所有のPCを貸与。
  ②自宅にインターネット回線が無い場合は、本会所有のモバイルルーターを貸与。
  ③テレワーク1日につき、水道光熱費等を補てんするため一定額を支給。
  ④会議・研修会等のオンライン化
 【出勤者数削減に向けた具体的な取組・工夫(テレワーク関連を除く)】
  ①時差出勤の実施


過去の削減率(43 KB)

収入保険の保険料等試算がリニューアルされました ( 2021/09/28 )

収入保険のシミュレーションはこちらから

収入保険加入者の声を紹介します! ( 2021/09/16 )

収入保険に加入された農業者の声を紹介します。

加入者の声はこちらから

トラクターを運転するときはシートベルトを着用しましょう ( 2021/09/16 )

 収穫作業などのため乗用型トラクターを使用することが多い季節となっています。
 トラクターによる交通事故でも、シートベルト着用することで重大な事故を防止することができます。トラクターなどの農機運転中は必ずシートベルトを着用しましょう。

収入保険の各種手続きがインターネットで行えるようになります ( 2021/09/16 )

 農林水産省が提供する「農林水産省共通申請サービス」により、ご自宅のパソコンなどから収入保険の加入申請などの手続きができるようになります。

 インターネットで可能な手続きは、以下のとおり順次拡大していく予定です。
  ①加入申請(令和3年8月23日から(令和4年1月以降に保険が開始するもの))
  ②営農計画の変更、事故発生の通知、つなぎ融資の申請(令和4年1月予定)
  ③保険金等の請求(令和4年3月予定)

 また、インターネットにより加入申請手続きを行うと、付加保険料が2,200円割引(新規加入者は4,500円)されます。

 なお、各種手続には、経済産業省が提供する「gBizID」のアカウントが必要となります。
(他の事業等で共通申請サービスを利用している方は、そのアカウントを使用できます)

 ご自身の都合に合わせて手続きができ、付加保険料もお得になるインターネット手続きを是非ご利用ください。

農水省公式動画
【農水省公式】収入保険のインターネット申請がはじまるよ
 1  2   3   4   5  >>次へ