新規分類

北見市:原谷農園 原谷義成さん<野菜>


-経営概要-
作付面積:54㌶
栽培作物:ニンジン、ハクサイ、レタス、
     キャベツなど






「市場価格の低下に備える」
-加入した時期ときっかけを教えてください。
 
 私の作物体系は野菜中心ですが、野菜の価格は市場の状況で大きく変動するため、収入が安定しないことが気がかりでした。
 収穫量が多いと嬉しい反面、市場価格が低下しやすく収入は苦しくなるため複雑な思いでした。農業共済は、対象作物や自然災害で被害を受けた際の補償に限られているので、価格の変動による収入減少が補てんされる保険が必要だと感じていました。
 そのような中、NOSAIオホーツク主催の説明会で収入保険の話を聞いたときに「これだ!」と思い、組合職員の伊藤さんに相談しながら加入手続きを行い、2019年1月から収入保険に加入しました。

「加入した年に価格低下で収入が減少」
-加入しての感想はありますか?

 加入した2019年は、収穫量が多かったため価格の低下が発生しました。想定していた収入の金額に全く届かない結果となったため、収入保険の補償を受けました。価格の変動による収入の減少も補償してもらえることが、収入保険の良いところだと改めて感じました。 

-では、実際に収入保険による支払いはどうでしたか?

 年末に、保険金支払いまでの間、無利子のつなぎ融資を受けることができ、とても助かりました。私の農園では収穫期に20人以上の従業員を雇うことがあるため、経費の確保ができる点が良かったです。収入保険で補償を受けるのは初めてだったので不安でしたが、伊藤さんに相談しながら、つなぎ融資制度を利用することができました。

-加入されて、改めて収入保険のメリットを教えていただけますか。

 一番のメリットを挙げるならば、やはり価格が低下した時に補償されるところですね。野菜農家の経営を安定させてくれる保険は収入保険しかありません。
 野菜を中心に栽培する上で、何かあったときのために保険に加入したいと思っていましたが、私が特に不安を抱いていたのは価格のことでした。2019年のような価格の低下に対応してもらえると本当に助かります。
 また、保険料等の初年度の費用は高いと感じましたが、積立部分があり掛け捨てではないところが良いと思います。

「収入保険と共にこれからも」
-最後に、これからの目標を教えてください。
 抗酸化ニンジンを好きでいてくれる方のために、これからも一生懸命ニンジンを栽培していきたいです。収入保険への加入で、より安定的に栽培していけたらと思います。甘みが強く傷みにくい抗酸化ニンジンを食べることで、健康を意識するようになっていただければいいですね。
 また、現在ニンジンの注文は電話またはFAXで受け付けていますが、今後はインターネットやSNSを活用して抗酸化ニンジンを広めていきたいです。

<商品紹介>
 10月14日に原谷農園の抗酸化ニンジンを使用した新商品「原谷農園のにんじんドレッシング」(税別490円)が発売されました。
 道内のコーチャンフォー6店舗で購入可能です。ぜひご賞味ください。