現在のお知らせ

北海道内農業共済組合の家畜診療所を動画等で紹介します! ( 2021/01/19 )

 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、家畜診療業務体験研修の受け入れを北海道の全組合で中止していますが、北海道のNOSAI団体では、産業動物臨床の現場や地域の特色等を紹介するビデオ等を作成しました。
 現在、NOSAIみなみ、NOSAI道央、十勝NOSAI、NOSAI道東のホームページで、先輩獣医師から職場や北海道の魅力をお伝えしております。
 詳しくは家畜診療業務体験研修をぜひご覧ください。

収入保険制度のパンフレットを追加・更新しました。 ( 2021/01/18 )

収入保険制度のパンフレットを追加・更新しました。

詳しくはこちらから

被覆していないビニールハウスも大雪で倒壊しています! ( 2021/01/07 )


大雪でパイプに被害を受けたハウス(未被覆)


 12月中旬から1月上旬にかけて、強烈な寒波の襲来により、日本海側では大雪に見舞われ、上川・空知地方を中心に多くの園芸施設に被害が発生しています。

 中には、ビニールを被覆していない施設も被災し、冬期間使用していない施設でもこまめな除雪など、しっかりとした雪対策が必要な状況にあります。

 被災された農業者の皆さまにはお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

 これから春先にかけて、まだまだ大雪の被害が心配される時期が続きます。

 園芸施設共済は、大雪をはじめ自然災害による被害に対して補償します。
 近年は農業者の皆さまからの意見をもとに補償が拡充され、より補償の厚い保険に生まれ変わりました。
 万が一に備えて、ぜひ園芸施設共済への加入をご検討下さい。

 なお、詳細については最寄りのNOSAIまでご連絡をお願いします。

収入保険説明動画「保険料等の負担を減らすポイント」が公開されました ( 2020/12/29 )

 このたび農林水産省では、「収入保険のポイント!~保険料等の負担を減らすポイント編~」について動画を作成、公開しました。

 「加入はしたいけど保険料が高いなあ」「こんなにたくさん積立をしなくちゃいけないの」などなど加入を迷われている方に、保険料と積立金の負担を減らすポイントについて、しゅうほちゃんが解説します。

 ぜひご覧いただき、ご検討くださいますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点等がありましたら、お手数ですが最寄りの農業共済組合まで照会ください。

農林水産省の収入保険に関するページはこちらから(農水省HPリンク)

「収入保険のポイント!~保険料等の負担を減らすポイント編~」



気をつけて!牛舎の火災事故が多発しています!! ( 2020/12/10 )

この冬、畜舎の火災事故が多発しています。
4戸の畜産農家で火災が発生し、70頭程の家畜が焼死しました。

大半の畜舎の火元は、暖房・電気機器です。
暖房器具の固定不良、可燃物散乱、結露による漏電が、出火原因と考えられています。

暖房・電気機器の点検・清掃・整理整頓をお願います。

収入保険「加入者の声」が公開されました ( 2020/11/30 )

 このたび農林水産省では、「収入保険加入者の声」について動画を作成、公開しました。 収入保険は、自然災害だけではなく、病気・ケガ等で営農が不可能な状況になった場合や、新型コロナウイルス感染拡大による価格の低下や需要の落ち込みなど、幅広い収入の減少に対応する保険です。制度が開始してまだ2年ということもあり「興味はあるけど加入はちょっと…」と慎重な方もいらっしゃると思います。
 本動画では実際に加入された方の感想などが紹介されておりますので、ぜひご覧頂き、前向きにご検討いただけますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点等がありましたら、お手数ですが最寄りの農業共済組合までお問い合わせ下さいますようお願いします。

農林水産省の収入保険に関するページはこちらから(農水省HPリンク)

収入保険加入者の声~わたしの加入の決めて編~


保険加入者の声~つなぎ融資で助かった編~


収入保険加入者の声~補てん金を受け取って安心した編~

収入保険の申込期限が近づいています! ( 2020/11/11 )

 個人の農業者または事業開始月が1月の農業法人の皆さまは、収入保険の加入申込期限が12月末まで(現在加入されている方は11月末まで)となっています。
 来年、新たに加入を検討されている皆さまにおかれましては、職員が説明にお伺いしますので、最寄りのNOSAIまでご連絡をお願いします。
 なお、今年加入されている皆さまにつきましては、11月末までに職員が継続加入手続にお伺いしますので、引き続きご加入をお願いします。

詳しくはこちらから

農作物・畑作物共済で保険金の仮渡しを実施しました ( 2020/10/19 )

 北海道NOSAIでは、2019年産と2020年産農作物・畑作物共済の保険金約6千万円を、9月28日に支払いました。
 各NOSAIでは翌日までに約1億5千万円の共済金を組合員の皆さまにお支払いしました。被害に遭われた組合員の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

 19年産の小豆・いんげんについて、組合員の皆さまがJA等出荷団体に出荷した数量と、税務署に提出された青色申告などの税申告書類を確認して共済金を算定しています。法人については、事業開始月によって税申告書類の提出期限が異なるため、事業開始月が6月以降の法人が仮渡し対象になります。今後は12月に精算払いを行う予定です。
 20年産の支払いについて、共済事故によって全ての耕地が全部転作等となった組合員の皆さまを対象として、共済金をお支払いしています。
 なお、てん菜は特定被害(凍霜害・獣害・風害)の認定を受けた耕地についても共済金をお支払いしています。

 道内のNOSAIでは、早期の共済金支払いに努めています。共済金の支払いが迅速かつ円滑に進められるよう、今後もNOSAI団体へのご協力とご理解をよろしくお願いします。

北海道内農業共済組合家畜診療業務体験研修事業を中止します ( 2020/09/25 )

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学生、生産者、職員の安全を考慮し、7月から9月の家畜診療業務体験研修の受け入れを北海道の全組合で中止していますが、未だ終息が見えない状況であるため、本年度の標記事業を中止することにしました。
 参加を希望していた学生のみなさまには大変申し訳ございませんが、事情をご理解の上、ご了承ください。
 なお、来年4月以降の事業の実施については、今後の感染状況から判断し、改めてご案内します。
 また、北海道のNOSAI団体では、標記事業に代わる産業動物臨床の現場を紹介する手段を検討中です。準備が整い次第、本ホームページでお知らせします。

園芸施設共済の制度説明動画が公開されました。 ( 2020/09/15 )

 このたび、農林水産省では、園芸施設共済を分かりやすく解説している動画を作成、公開しました。
 最近は超大型台風の襲来や大雨など、これまで経験したことのない災害が日本各地で発生し、多くの園芸施設が被災しています。
 加入していない農業者の皆さまにおかれましては、ご加入についてご検討頂けますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点等がありましたら、お手数ですが最寄りの農業共済組合まで照会下さいますようお願いします。

農林水産省の園芸施設共済に関するページはこちらから(農水省HPリンク)

 1  2   3   4   5   6  >>次へ