臨床の現場から(オホーツク) ・・・ 後輩へ送るミニレター ・・・



Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

牛を診て、自分なりの考えを持つ事が出来るのが臨床の面白い点だと思います。何がヒントになるか分からないので、日常生活をぼーっと生きていないか、自問自答しながら、楽しく診療しています。仕事は上手くいく事ばかりではありませんが、自身が治療した牛が元気になって、農家の方にお礼の言葉を頂いたりすると、とても嬉しい気持ちになります。また、具体的に強く生きがいを感じるのは、難産を無事に終えた時です。緊張しながらも無事に子牛が生まれてきた時に得られる安堵や達成感は、自身の原体験として今でも大切にしています。

Q これからの希望は?

今は自身の力不足を痛感する毎日です。牛を診ても分からない事ばかりで、不安になる事もあります。なので、当面の目標は早く一人前の獣医師になる事です。ある程度一人で仕事が出来るようになった後は、研究や発表活動なども積極的に行い、自身の知識を貪欲に深めていきたいです。そして、牛の事なら何でも知っている獣医師になり、その知識を今日お世話になっている農家の方に還元したいです。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

私は大学5年生の時に北海道に実習で訪れ、その魅力に惹かれ大動物を志望する様になりました。在学中は牛に触れる機会は少なく、実習前は「牛について何も知らない自分でも大丈夫なのか」と不安でしたが、今思うのは、「何も知らなくて当然だ」という事です。大学内で勉強する事だけでなく、現場に出て初めて分かる事が多いからです。実習中は、獣医師や農家の方と触れあい、雰囲気を肌で感じる事が出来れば、それだけで十分です。少しでも興味のある方は、是非気軽に実習に訪れてみてください!獣医療を通じて畜産に貢献してみませんか?





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

仕事をしていて一番よかったと感じるときは、自分の治療した牛が元気になって農家さんに喜んでもらえたときです。
まだまだ未熟なので、うまくいかないことも多いのですが、先輩や農家さんに励まされながら日々成長できていると思います。臨床現場には絶対に正しい方法というのはないので難しいと感じることもありますが、だからこそ面白くてやりがいのある仕事だと思っています。

Q これからの希望は?

今はまだ知識や技術が足りなくて先輩に助けてもらうことも多いですが、これから勉強したり経験を積んだりしていって、自分で自信を持って対応できる病気を増やしていきたいです。そして、早く農家さんに頼りにしてもらえる獣医師になりたいと思っています。また、いつか一人前に仕事ができるようになったら、病気の治療だけでなく予防法についても勉強して、より農家さんの助けになるような仕事ができたらいいなと思います。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

私がこの仕事を選んだ大きなきっかけは、学生の頃に臨床実習に行ったとき、私も将来こんな獣医になりたいと思うような素敵な先輩獣医師に出会えたことでした。実際に体験してみないとわからないことはたくさんあるので、ぜひ積極的に実習に参加してみてほしいと思います。
後輩のみなさんにも素敵な出会いがあることを願っています。

平成30年3月作成





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

自分が診療に携わった牛が良くなってきているとき、ついに現場復帰できたときは大きな喜びを感じます。また、お産で無事に子牛が生まれてきてくれたときは何よりもほっとしますし、産業動物として無事に成長していく姿を見せてくれることが何よりも嬉しいです。しかし、すぐに良くなる牛もいればなかなか病態が好転しない牛もおり、牛を治すことの難しさ、自分の力不足を痛感する日々です。目の前の牛に何が起こっているのか、治療法はこれでいいのか、先輩方や農家さん、牛たちに助けてもらいながらこの仕事と全力で向き合っている最中です。

Q これからの希望は?

独り立ちしたとはいえ、まだまだ悩むこともわからないことも多く、日々の診療でいっぱいいっぱいになってしまっているのが現状です。まずは個体診療をしっかりと行うために必要な知識と技術を身に着け、目の前のことをひとつずつ確実にこなしていきたいです。将来的には診療だけでなく、その群、その農家さん全体の牛管理についても考えられるようになりたいです。また、農家さんから牛の話でも世間話でも何でも話してもらえるような人でありたいと思っています。そのためどんなことを聞かれても答えられるよう、視野を広く様々なことについて勉強していきたいです。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

私自身、NOSAIという組織があることは知っていましたが具体的にはよくわからず、実習に参加して現場の先生方からお話を聞けたことでこの仕事について理解を深めることができました。進路など難しいことや細かいことは考えず、まずは気軽に実習に参加してみることもありだと思います。現場の先生方が日々、どんなことを考えて診療しているのか、農家さんの熱い思いなど、決して教科書には載っていないことが詰まっているはずです。乳牛と言ったら北海道。牛も自然もスケールの大きい北海道の現場をぜひ見に来てください。

平成30年3月作成