臨床の現場から(北海道ひがし) ・・・ 後輩へ送るミニレター ・・・


Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

毎日違った症例を診て試行錯誤し、治療した牛が良くなって農家さんに喜んでもらえた時はこの仕事をやっていてよかったと心から思えます。また、大動物臨床の仕事は一般的な診療のみならず、難産介助や繁殖検査、蹄病治療、地域によっては人工授精など、多岐に渡ります。就職当初は出来ないことばかりでしたが、先輩方に往診随行しながら学び、一人で往診に行かせてもらうようになってから少しずつできることが増えたと実感できる場面ではとてもやりがいを感じます。

Q これからの希望は?

今はまだまだ知識も経験も少なく、農家さんからの質問に答えられなかったり、先輩方に助けを求めることも少なくありません。当面の目標は、いろいろな症例と出会う中で一歩ずつ成長し、安心して診療を任せてもらえるようになることです。また、治療だけでなく、牛を健康に飼うためにできる予防や環境改善などを通して農家の方の力になれる獣医師を目指していきたいと思っています。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

臨床に限らず、実習に行って実際の仕事現場をみて、肌で感じることは進路選択する上でとても重要だと思います。そして同じNOSAIといってもそれぞれの地域によって特色が全く異なります。北海道は多くの症例を診られる点はもちろん、大自然に囲まれた環境、基本的なことから学べる新人研修、全道内で多くの同期ができるといった点が特に魅力的だと感じています。今まで大動物臨床を視野に入れていなかったという人も、少しでも興味があるなら一度実習に来てみてください!





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

産業動物臨床では農家の元へ行き、現場で診療するため、小動物などで使用する機器などは手元になく、視診、触診や聴診など現場で行える手段と知識、経験を駆使して、診断・治療を行わなければなりません。そんな中で自分が治療した牛の状態が良くなっていくのを見ると大きな喜びを感じます。一方で治療出来なかった牛では、どうして良くならなかったのか考え、もっと多くの知識と経験を吸収しなければいけないなと感じ、そこに大きなやりがいがあると思います。また難産は大動物診療の醍醐味だと思っています。体力的に大変なときもありますが、無事に子牛が生まれたのを見ると難産の疲れも吹っ飛び、充実感を味わえます。

Q これからの希望は?

就職して一年が経とうとしていますが、少しずつ自信を持って診療を行えるようになってきました。しかしまだ目の前の症例の治療だけにしか目がいっていません。これからはただ治療をするだけではなく、どうしたら病気は減るのか、家畜の飼養管理や予防などについて勉強し、「病気を減らす獣医」を目指していきたいと思っています。また日々の診療では農家さんとのコミュニケーションがとても大事になってきます。多くの症例を経験し、技術を身に付けるだけではなく、農家さんとの人間関係も大事にしていき、安心して診療をまかされる、そんな獣医師になりたいです。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

大動物臨床に興味はあるけど研究室が臨床系ではないからと悩んでいる方がいれば、実習に行くことを強くおすすめします!!確かにネットや先輩方の話から職場でどんなことをやっているか想像はつきますが、実習に行って、自分の目で見て、耳で聴いて、体を動かさないと経験できないこともたくさんあります。特に臨床の現場では毎日様々な症例を診ることができ、一つとして同じ症例はなく、また教科書や授業で習ったような典型的な症例だけではありません。興味のある方は是非お待ちしています!!

平成31年3月作成





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

自分の診療により患畜が快方に向かったり、良化しなかったりに一喜一憂しながら過ごしています。患畜、農家の方、同僚に多大な協力を頂いていますが、重大な伝染病を早期発見したときには、地域社会に貢献できたとうれしくなりました。まだまだ未熟で注意を受けることも多いですが、自分の力が農家の方の役に立っていると感じられたとき、最もやりがいを感じます。

Q これからの希望は?

的確な治療、アドバイスができ農家の方や同僚のニーズに応えられるようになりたいです。個体診療だけでなく、農場全体の問題も相談されるような獣医師になりたいと思います。そのためにも日々丁寧に診療する気持ちを忘れず、知識と技術の向上に努めて着実に成長していきたいです。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

チャランポランな私が言うのもなんですが、獣医学的なことを身に付けることは、もちろん大切ですが、これまでの人生で培われた総合的な人間力も重要だと感じました。CBTやOSCEによる仮免許取得、従来の研究室制度の廃止、ポリクリの増加、day one skillの習得など、これまでのカリキュラムと大きく変更され大変なことばかりだと慮りますが、好奇心を失わずに多くのことに触れ、また人とのつながりを大切にして楽しい学生生活を送ってください。そして産業動物臨床(牛の診療)に興味のある人は、是非、実習に来て体験してください。歓迎します!!

平成31年3月作成