臨床の現場から(十勝) ・・・ 後輩へ送るミニレター ・・・



Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

治療した牛が元気になっていく姿をみられること、そして農家さんに喜んでもらえたときには、やはりやりがいを感じます。臨床現場では、疾病の知識はもちろん、様々な事柄についての知識や技術的な部分も必要となってくるため、日々、学び成長していくことが求められるということにも、やりがいや生きがいを感じます。また、多くの人と関わりながら働くことが出来るというのも、私にとっては、やりがいにつながっていると思います。

Q これからの希望は?

今は、診療所の先輩方や農家の方々、仕事で関わる色々な方に助けてもらいながら、診療を行っていますが、まずは、個体診療として、一頭一頭をしっかりと診療し、治療方針の決定を的確にしていけるように、経験を積んでいきたいです。そして、飼料管理や繁殖管理、疾病予防など、様々な角度から農家の方々に貢献できるような獣医師を目指していきたいと考えています。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

私は、将来の選択肢として、大動物臨床以外の道も考えていましたが、色々な職種の実習などに参加させてもらう中で、大動物臨床を選びました。先輩から話を聞くことや説明会に参加することも、将来働く分野を決める上で役に立つと思います。しかし、実習に行って体験しないと分からないことも多くあると思うので、興味がある分野はもちろん、興味のあまり湧かない分野でも、一度体験してみると良いかもしれません。実際に体験するという貴重な機会を得られる学生のうちに、多くのことを経験してみてください。





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

学んできた知識が目の前にいる牛に活かせることにやりがいを感じます。教科書を読んで知った気になっていた病気や治療法でも、実際に病気の牛を診るとわからないことだらけで、どうしたら治せるのか悩むことが多いです。治らなかった症例にたくさん悩んで、次の症例に活かすために勉強をして、だんだんと自分が診た牛が良くなっていくことが増えていくことは、とても嬉しいです。

Q これからの希望は?

まだまだ毎日診療中にわからなくて悩むことも少なくないです。早く農家の方々に頼りにしてもらえるような獣医師になれるよう、たくさん経験を積んで勉強をしていきたいです。内科外科繁殖に広く知識をつけることももちろんですが、獣医師同士でも頼りにしてもらえるような自分の得意分野を今後は作っていけたらいいなと思っています。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

産業動物の臨床獣医師はとても楽しい仕事だと思います。牛は大きくて怖そう、糞にまみれて汚そう、というイメージはその通りだし、外仕事なので日焼けや細かいケガは多いのですが、そんなことも気にならないくらい、仕事は獣医師としてのやりがいにあふれ、また北海道の自然の中で毎日仕事をするのはとても気持ちがいいです。なじみのない学生さんも多いかと思いますが、ぜひ一度北海道のNOSAIに実習に来てみてもらえると嬉しいです。





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

「昨日診てもらった牛、立ったよ!ありがとうね」など農家さんの言葉を聞いた時が一番嬉しいです。また、「この牛、今回で妊娠しなかったら淘汰しようかな」なんて言われた時には特に自分の仕事の責任の重さを感じます。働き始めてからまもなく1年が経ちますが、まだまだ診断・治療方針に頭を悩ませることも多く、往診先から帰ってきてから「違う治療をした方がもっと良かったかも」と反省することもしばしば。でも、だからこそ勉強しがいがあり、面白いのだと思います。学んだことやアイデアをすぐに実践できるのもとても楽しいです。

Q これからの希望は?

1人で往診するようになって数ヵ月、最低限のことはできるようになりましたが、まだ半人前。毎日必ず疑問に直面します。温かく見守って下さる先輩方や農家さんに甘えてしまっている部分もあります。その日浮かんだ疑問や反省を1つ1つ解決して明日に繋げることで1人前の獣医師へ近づくのだと信じ、頑張りたいです。また、後々は牛群のこと、飼養管理や農家さんの経営等全体的な事にも目を向けられるようになりたいと思っています。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

大学時代は大動物臨床を目指す同級生が少なく、進路を迷った時もありました。そんな私の決め手は実習でした。迷っている人も、もう決意している人も、是非実習にきて、実際の現場を体験してみてください。また、直検ができなくても牛に不慣れでも大丈夫。新人研修があるので安心です。必ずできるようになります!最後に、私は北海道には縁もゆかりもありませんでしたが、北海道での暮らしも楽しんでいます。往診中に出会う野生動物、どこまでも続く青い空となだらかな牧草地、そしてたくさんの美味しい食べ物!とっても良いところですよ。みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

就職半年後から独り立ちし、農家さんへ一人で診療に回りだしました。学生時代はほとんど牛に触れたことがなかったので、最初の頃は牛の血管に注射を打つことすら苦労していました。そんな私でも一人で病気を診断し、手術をした数日後に農家さんから「あの牛、餌を食べだして調子良くなってきたよ」と言われると、この仕事をやっていてよかったなと感じます。また私は車の運転も好きなので、キタキツネやタンチョウといった野生動物たちを見ながら往診先へ向かっている時間も気に入っています。

Q これからの希望は?

独り立ちして間もない今は自分一人ではできないことも多く、周りの先生方や農家さんに助けていただき、迷惑をかけっぱなしの日々です。一人前には程遠く、まだまだ半人前の臨床獣医師です。まずは現時点ではできない診療技術を習得し、早く一人前の臨床獣医師になり、周りの方々へ恩返しができればと考えています。一人前の臨床獣医師になった上で自分の興味のある分野を掘り下げて新しい診療技術を見つけ出し、より充実した仕事をしたいです。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

大学入学時、卒後の進路として産業動物臨床獣医師を目指すとは夢にも思っていませんでした。獣医師には様々な職種があるので、後輩の皆様にはぜひ多くの職種に触れた上で進路選択をしていただきたいです。進路を選択する上で、学外実習は仕事内容を理解するために欠かせません。私も各地のNOSAI診療所で実習をさせていただき、最終的に北海道での就職を選択しました。北海道は本州とは比較にならないほど牛の飼育頭数が多く、様々な臨床経験を積むことができます。
まずは北海道での臨床実習を体験し、この仕事に興味を抱いていただければ幸いです。

平成30年3月作成