臨床の現場から(北海道中央) ・・・ 後輩へ送るミニレター ・・・



Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

自分の治療で牛が元気になって餌を食べているのを見た時や、授精や移植した牛が受胎して農家さんが喜んでいるのを見たときは、とても嬉しい気持ちになります。また、独り立ちをして間もないので、できることが少なく先輩獣医師に頼ってしまうことが多いのが現状ですが、わからないことを教えて頂き、知識や技術を身に付けていくことで、できることが少しずつ増えていき、日々の診療に生かすことが出来たときにはやりがいや生きがいを感じます。

Q これからの希望は?

今はまだまだ経験も浅く一人前には程遠いので、臨床現場で数多くの症例に出会い、経験を積み重ねて早く農家の方々に信頼され、仕事を任せてもらえるような獣医師になりたいです。また、一つの疾病に対する治療法は一つではないと思うので、牛の状態に応じて治療法を選択することができるように、さらに知識と技術を身に付けて治療法のレパートリーをどんどん増やしていくことが当面の目標です。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

私は入学当初から大動物臨床への就職を希望していたので、とにかく様々な診療所へ実習に行こうと考え、道内4か所のNOSAIの家畜診療所へ実習に行かせて頂きました。大学生活の6年間は時間が十分にあると思いがちですが、いつの間にかどんどん時間が過ぎてしまいます。時間があるうちに積極的に実習へ参加し、将来についてゆっくり考えてほしいと思います。また、6年生になり実習へ行くにはもう遅いと思うかもしれませんが、私も6年生の5月に行かせて頂いた現在勤務している診療所に就職することができたので、6年生の方もまだまだ遅くはないと思います。





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

自分が一生懸命治療した牛が元気になった姿をみたときにはとても癒され、農家さんと一緒に喜べる場面では本当に頑張ってよかったと思います。また、臨床獣医は大学で学んだ専門的な知識を直接活かせる職場です。現場では新しく学んだ情報や自分で工夫したやり方をどんどん試していくことができるので、非常にやりがいを感じています。失敗することも多々ありますが、その経験が次の場面では役に立つので、レベルアップできていると日々実感しています。

Q これからの希望は?

農家さんから何か質問されたときにすぐに自信をもって答えられないことがたくさんあり、自分の知識と経験のなさを申し訳なく思います。まだまだ未熟な部分が大きいので、農家さんや周りの先輩獣医師たちから信頼され、安心して仕事を任せられる獣医師になりたいです。また、病気の発生が少なくなるような予防策を農家さんと一緒に考えて、農家さんの経営を良くする助けになれるような獣医師になりたいと考えています。

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

今行きたい就職先が決まっている人もいない人も、大学生のうちにたくさんの職場に実習に行ってみてください。獣医にはいろんな分野がありますが、私も実習に行ってみてその職場のイメージが全く変わったことがありました。実際に目で見て体験してみないとわからないことがたくさんありますし、実習はとても楽しいものでもあります。いろんな職場に好きなだけ実習に行けるのは、大学生の特権だと思います。





Q 臨床獣医師として、やりがい、生きがいを感じることは?

もうすぐ就職して一年が経とうとしています。知識、技術、経験とどれも未熟で、まだまだ自分の無力さに悲しくなります。しかし、自分が診療で診ていたぐったりした子牛が次の日元気になるのをみると、本当に嬉しくなります。また人工授精した牛が受胎するのもやりがいの一つです。
臨床現場では、自分で的確な診断を下し治療法を考え、診療をする必要があります。責任がある分、やりきったときの喜びは大きいです。私もまだまだですが、診療所の先輩方や農家の方に温かく見守られ、小さな成長を積み重ねながら、日々奮闘中です。

Q これからの希望は?

今はわからないこと、できないこと、不安で先輩に聞いてしまうこと、まだまだ半人前以下です。診療所の先輩方、農家の方の何の役にも立てていません。ですので、日々の診療を通して技術を学び、経験を積んで、知識を増やして一人前の獣医師として認めてもらえるようになりたいです。また、十人十色という言葉があるように、獣医師もいろんな方がいます。自分の得意とする分野を伸ばし、個性を大事にしながら、診療所の一員として活き活きと仕事ができたらいいなと思います。頑張ります!

Q 後輩へ一言、アドバイスをお願いします。

私は薬理学研究室出身で、学生の頃は大動物とは全く縁のないゼミでした。
獣医師の仕事は国家公務員やペットを診る小動物分野、牛や馬を診る大動物分野と多岐にわたります。自分の興味が少しでもある分野の職場に実際に実習に行くことをオススメします。私自身も小動物の動物病院や動物園等、幅広く実習に行きました。中でも自然溢れる北海道で大動物臨床に携わる事は、大変魅力的でした。また、北海道NOSAIでは新人研修があり、基礎的なことから丁寧に教えてもらえますので、とても心強かったです。北海道全域の同じ志をもった同期と出会えるのも北海道の魅力です。ぜひ一度実習に来てみてください!