リスク管理基本方針

 北海道農業共済組合連合会(以下、「本会」という。)は、国の災害対策の重要な柱である農業災害補償制度に基づく、各種共済事業の実施主体としての社会的使命を果たす責任がある。
 このため、事業の運営にあたっては、法令等を遵守するとともに、社会環境が多様化・高度化・複雑化する中で、種々のリスクに的確に対応することが求められている。
 この点を踏まえ、本会は、各種リスクを体系的・組織的に管理するための総合的な基本方針として本方針を定める。

1.この方針における「リスク管理」とは、本会の事業目的の遂行に影響を与える阻害要因を把握・認識、評価、コントロール及びモニタリングすることをいい、これにより本会の健全かつ適切な事業運営を確保し、もって、組合等に対する保障と安心を継続的に提供する。
 
2.事業の運営にあたっては、内在する各種リスクに対し、その特性を理解し、役職員全てがリスク管理の担い手であることを認識した上で、適切なリスク管理を実施する。
 
3.管理対象リスクは、資産管理の適切性に係るリスク(信用リスク、市場リスク、流動性リスク)と業務の適切性に係るリスク(共済引受リスク、事務リスク、システムリスク)とする。
 
4.リスク管理態勢確立のため、管理体制を次のとおりとし、組織的かつ継続的なリスク管理を実施する。
 また、理事会及び各リスク管理部署の管理者は、把握した当該リスクに係る情報に基づき業務の執行を行うとともに、当該リスクの管理態勢が有効に機能しているかを評価し、整備・改善を図る。
 
(1)理事会
 理事会は、この方針及びリスク管理規則の制定、並びに管理体制の整備を行うとともに、リスク管理状況についてリスク管理総括部署から定期的な報告を受け、必要な対応を講じる。
 また、災害等に備えて、非常災害対応要領を整備するほか、情報資産保護のため、セキュリティポリシー(個人情報保護基本方針、情報セキュリティ基本方針、情報資産保護規則、情報セキュリティ対策基準を合わせたものをいう。以下同じ。)を整備する。
 
(2)総括管理
 リスク管理総括部署を設置し、リスク管理に関する取組みの企画、立案、調整及び総合的管理を行うとともに、必要なリスク管理態勢の改善を図る。
 
(3)部署別管理
 各部署は、所管業務に係るリスク管理実施部署として、管理対象となる当該リスクを主体的に管理し、必要な改善を図る。
 
(4)監査
 コンプライアンス規則に基づく内部監査及び監事による定時監査等を実施し、各種リスク管理態勢の遵守状況について監査を実施する。
 
5.リスク管理態勢の構築にあたっては、各種リスク管理部署の役割・責任を明確にするとともに、各種リスクの根源の正確な把握・認識、適正なリスク評価、コントロール及びモニタリングによる態勢整備を図ることとし、具体的実施事項は、リスク管理規則に定める。
 
6.リスク管理の実施にあたっては、この方針並びにリスク管理規則、非常災害対応要領及びセキュリティポリシーに基づき、秩序をもって組織的かつ継続的に実施するとともに、関係諸法令、定款、保険規程及び関係諸規則を遵守する。