果樹共済の仕組み

果樹共済の仕組みを、次の質問に答える形でご説明します。

 1.補償対象の果樹は? 
 2.加入をするには? 
 3.引受(加入)? 
 4.共済責任期間は? 
 5.共済金額は? 
 6.共済掛金の額は? 
 7.共済事故の対象は? 
 8.共済金の支払額は? 
 9.損害発生の通知と損害評価は? 

1.補償対象の果樹は

 補償対象の果樹については、北海道ではりんごを対象としており、品種により次のように区分されています。


類区分 群区分 品種
1類
(早生)
1群 きたかみ、あかね、つがる、さんさなど
2群 旭、未希ライフ、きおう
2類
(中生)
1群 千秋、ジョナゴールド、北斗、ひめかみ、紅将軍、昂林、弘前ふじ、トキ、高嶺、シナノスイート
2群 紅玉、陸奥、ハックナインなど
3群 スターキングデリシャス、レッドゴールド、ゴールデンデリシャス
3類
(晩生)
1群 王林、ふじなど
2群 印度

2.加入をするには

 組合が定める一定栽培面積以上の類区分について、一括して組合に加入の申込みをし、組合が承諾することにより加入することができます。

3.引受(加入)は

 加入できる果樹共済には、次の種類のものがあります。


果樹共済の種類等 補償内容
収穫共済 総合方式  被害樹園地の減収量の合計が、その農家の基準収穫量(全樹園地の基準収穫量の合計)の3割を超えるときに、共済金が支払われます。
暴風雨・ひょう害方式  暴風雨またはひょう害による被害樹園地の減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割を超えるときに、共済金が支払われます。
樹体共済  被害樹体の損害の額が共済価額の1割または10万円のいずれか
小さい方の額を超えるときに共済金が支払われます。

  •  北海道で組合が規定する収穫共済の引受方式は上記2種類で、経営方針に見合った引受方式を農家が選択して加入できます。
  •  基準収穫量とは、被害の尺度となる収量で引受時に設定した標準収穫量(平年の収穫量)を当該年の摘果後の着果量等により補正したものをいいます。
  •  総合方式には、共済責任期間が翌年に及ぶ一般方式と、暴風雨・ひょう害方式と同じ短縮方式があります。
  •  樹体共済は資産を補償する方式のため、総合方式、特定危険方式、インデックス方式及び収入保険と重複して加入できます。
  •  暴風雨・ひょう害方式は平成33年産をもって廃止されます。
  •  統計データは、北海道一本の公表値です。

4.共済責任期間は

 共済金支払いの対象となる期間(共済責任期間といいます)は、次のように定められています。


果樹共済の種類等 補償内容
収穫共済 総合方式一般方式
インデックス方式
花芽の形成期から翌年の収穫まで
総合方式短縮方式
暴風雨・ひょう害方式
発芽期からその年の収穫まで
樹体共済 7月2日から1年間

5.共済金額は

 共済金額は、共済金の支払最高額をいい、次のように類区分ごとに算定します。


<収穫共済>
  標準収穫金額 × 40% ≦ 共済金額 ≦ 標準収穫金額 × 補償割合

<樹体共済>
  共済価額 × 40% ≦ 共済金額 ≦ 共済価額 × 80%

  •  標準収穫量とは、いわゆる平年収穫量のことで、品種及び樹齢構成等を基に農家ごとに設定します。
  •  単位当たり価額は、品種ごとに最近4ヵ年の出荷団体等での販売実績等に基づいて、毎年、農林水産大臣が1kg当たりの金額を定めます。
  •  補償割合とは、総合方式は70%・60%・50%、暴風雨・ひょう害方式は80%、
    インデックス方式は90%・80%・70%、樹体共済は80%で、引受方式によっては選択できます。
  •  樹体共済では、樹齢区分別の標準収穫量に単位当たり価額を乗じ、さらに換算係数を乗じたものの合計が共済価額となります。

6.共済掛金の額は

 農家が負担する共済掛金は、次のように算定します。

  農家負担共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率 × 農家負担割合
  •  共済掛金率は、組合ごと、引受方式ごと、さらに類区分ごとに、農林水産大臣が過去20ヵ年の被害率を基礎に定め、3年ごとに改定されます。
     なお、共済掛金率は、農林水産大臣が定めた率を組合員ごとの過去20ヵ年の損害率等を加味して細分化します(危険段階別共済掛金率といいます)。また、組合員ごとに適用する危険段階は、直近20年分の損害率を近年ほど高いウェイトを持たせて加重平均し、毎年見直します。
  •  農家負担割合は、50%です。(残りの50%は、国庫が負担します)。

7.共済事故の対象は

 共済金の支払い対象となる災害(共済事故といいます)は、引受方式により次のように定められています。


<総合方式・インデックス方式>
 風水害、ひょう害、干害、凍霜害、雪害、その他気象上の原因(地震、噴火を含む)による災害、病虫害、鳥獣害、火災

<暴風雨・ひょう害方式>
 規定風速以上の暴風雨または降ひょうによる被害
  •  規定風速とは、最大風速(10分間平均)13.9m/秒または最大瞬間風速20.0m/秒以上の風速をいいます。
<樹体共済>
 総合方式に記載の災害による樹体の枯死、流失、滅失、埋没、損傷

8.共済金の支払額は

<総合方式、暴風雨・ひょう害方式、インデックス方式>
 類区分ごとに、総合方式は、被害樹園地の減収量の合計がその農家の基準収穫量(全樹園地の基準収穫量の合計)の3~5割(農家が選択した補償割合に応じた割合)を超えるときに、暴風雨・ひょう害方式は、被害樹園地の減収量の合計がその農家の基準収穫量の2割を超えるときに、次の算式による共済金が支払われます。
 インデックス方式は、農家ごとに当該農家の園地が所在する統計データによる収穫量が、その農家の基準収穫量の1~3割(農家が選択した補償割合に応じた割合)を超えて減少した場合に共済金が支払われます。

  支払共済金 = 共済金額 × 共済金支払割合
  •  共済金支払割合は、損害割合(減収量 ÷ 基準収穫量)に応じて計算されます。
<樹体共済>
 樹体の損害額が10万円もしくは、共済価額の10分の1が10万円に満たない場合は共済価額の10分の1を超えた場合の損害が生じたときに次の算式による共済金が支払われます。

  支払共済金 = 共済金額 × (損害額 ÷ 共済価額)

9.損害発生の通知と損害評価は

 共済金の支払いを受けるべき損害があると認められる場合、加入農家は、すみやかに組合へ通知することが義務づけられています。

  •  通知がない場合は、損害額の調査(損害評価といいます)は行われず、共済金の支払いを受けることができなくなります。

 組合では、加入農家の損害通知を受けて損害評価を行い、連合会・農林水産大臣の認定を受けた後、最終的に損害額を確定し、共済金を農家に支払います。